ネットで金儲け
  HOME
  サイトマップ
はじめに・・・
  当サイトの管理人

金儲け基礎知識
  ネットで金儲けとは?
安全なの?
準備をしょう
  フリーメールの取得
  ネットバンク開設

お金儲けメニュー
 アンケート
 メール
 サイト訪問
 懸賞
 携帯
 その他
 ポイントをまとめる
 アフィリエイトサイト

どうやって稼ぐの?
 初めての方は・・
アンケート
メール
サイト訪問
懸賞
携帯
その他

ポイントアドバイス
 もっと稼ぎたい・・
アンケート
メール
サイト訪問
懸賞
携帯
その他

稼げるHPの作り方
  HP作成への準備
  HPを作ろう
アフィリエイトの基礎知識
承認してもらうには?
HP作成テクニック
アクセスアップその1
アクセスアップその2
分析と管理
本気で稼ぐなら・・・



HP作成テクニック

■独自URLの取得 

■本気でやるなら独自URL
アフィリエイトを行うサイトには、独自URLの取得も効果的です。ネットで検索すれば、個人向けドメイン取得&レンタルサーバーが簡単に見つけられます。数千円/年の出費で独自URLサイトを運営することができます。本格的にアフィリエイトで儲けるなら、独自URLの取得は必要だと思います。

■なぜ独自URLが必要?
個人がサイトを構築する場合、プロバイダや無料HPスペースを利用するのが一般的です。この場合、この場合、URLは「http://www??.bigioobe.ne.jp/~?????/」や「http://??.hp.infoseek.co.jp/」のようになります。こういった個人向けHPスペースの欠点はどうしてもURLが長くなるということです。当然、訪問者がURLを覚えてくれる可能性はゼロに等しくなるし、一発で個人サイトと見破られてしまいます。そのほか「.jp」や「.com」といったURLと比較すると、サイトの信頼性が低くなってしまうのも欠点です。

■初めから独自ドメイン
このような欠点を解消するためには、独自URLの取得が最適です。「とりあえずは無料HPスペースで始めて、うまくできたら独自URLに変更する」という考えもあるでしょう(当サイトの管理人もこの考え)。しかしURLの変更には大きなリスクを伴う点に注意しなければいけません。それまでリンクしてくれていた全サイトにリンク先の変更を依頼しなければいけないし、検索エンジンへの登録も1からやり直しになります。その結果大幅にアクセス数が減少する可能性があります。このようなリスクを考えれば、初めから独自ドメインを取得した方が有利なのは明らかです。

■格安の独自ドメインを見つけよう!
金銭的負担を強いられるが、これもたいした金額ではありません、「さくらのレンタルサーバ」のようなサービスを利用すれば1年あたり1000円ぐらいで自分のドメインを取得できます。webサバーだって、格安のレンタルを簡単に探し出せるはずです(「さくらのレンタルサーバ」などがあります)。むしろアフィリエイトを本気で実践していくなら、これくらいの出費は必要経費と考えていいと思います。

■ドメインって?
いちよう説明しておきますが、インターネット上の住所のようなものです。つまりURLのことです。




■URLの決定は慎重に 

■URLの決定は重要
サイトを構築するにあたり、URLの決定は極めて重要な要素です。URLの基本は、なるべく短くて簡単な単語を入れることです。サイトのないようにマッチさせることも必要ですが、いざとなったら意味不明の英単語を入れるのもいいと思います。一番大切なことは、URLがサイトの内容を限定しないように注意しましょう。

■URLはコンセプトを確立させてから
新たにサイトを構築する場合、一番初めに行うのはURLの決定です。URLはサイト名そのものを採用するのが一般的で、内容をすぐに連想できるものが理想的です。インターネットに慣れている皆さんにとって、この理由をあえて説明する必要はないとないでしょう。よって、サイト名やサイトコンセプトを確立させてからURLを決定するのが基本です。あせってHPスペースを確保したばかりに、「サイト内容とURLがかけ離れている・・・」という事態は絶対に避けましょう。

■意味不明なURL
もし、サイトの行き先が不明確また多ジャンルに渡る場合は、まったく意味不明のURLをつける方法もあります。これならサイトの内容が何であろうと対応できます。「そんなので大丈夫なの?」と思う方もいるかもしれませんが、問題ありません。例えば「amazon.co.jp」や「rakuten.co.jp」も今でこそ有名サイトですが、よくよく考えると、URLはまったく意味不明です。このように、URLに苦し紛れに単語をいれてサイトの内容を紹介するURLより、抽象的な単語のURLの方がよっぽど融通が効きます。

■無料HPスペースの場合
無料HPの場合、登録IDがそのままURLに含まれるケースが多いです(FC2もIDがそのままURLに含まれます)。登録なんていつでも行えるので、その前に十分コンセプトを練っておきましょう。




■テンプレートの利用 

■テンプレートを活用
アイコンやボタンなどのホームページ素材が配布されているように、HTMLのテンプレートも配布されているサイトも多くあります。これらのサイトからはテンプレートを入手・改良して自分専用のものを作って利用しましょう。またテンプレートを見て回るとHTMLテクニックの勉強になるし、ホームページデザインの勉強にもなります。どんどん活用していきましょう。

■テンプレートを探してみよう
ホームページ・ビルダーで作る人は問題ないと思いますが、手打ちでホームページを作っている人の中には、HTMLがあまり得意ではない人もいると思います。このような人は、インターネット上で配布されているTHMLのテンプレートを利用するといいと思います。『Google』などの検索エンジンで「HTML」 「テンプレート」などをキーワードに検索すれば、テンプレートを配布しているサイトをいくらでも見つけれるはずです。

■テンプレートの改良
入手したテンプレートは必ずしもそのまま利用する必要はありません。「デザインは気に入ったけど、使い勝手がイマイチ・・・」といった場合は自分の使いやすいように改良すればいいのです。これらの作業は最低限のHTMLの知識でもあればできると思います。

■テンプレートで勉強
ホームページ・ビルダーを使って作成している場合はあまり関係ないと思いますが、手打ちで作っている人で、THMLが詳しい人にとってもテンプレートの利用価値は高いです。それはテンプレートを元に作成したほうが簡単に作成することができますし、自分の知らなかったTHMLテクニックを発見できる場合もあります。だから、サイトを作成する前にひととおりWeb検索しておくといいと思います。




■フレームは使用しない 

■フレームは利用しない
個人サイトの場合、左側にメニュー、右側にコンテンツという形でフレームを利用しているサイトをよく見かけます。メニューとコンテンツのTHMLを別ファイルで作成できるなど、フレームの利用にはいくつかの利点があることは事実です。しかし、それ以上にデメリットが多いことに注意しましょう。むしろ、アフィリエイトサイトではフレームを使用しないのが鉄則です。

■フレームのデメリット
フレームを利用しないその理由は、主に検索エンジン対策にあります。フレームを使用した場合、「index.html」でフレームの分割方法や各フレームに表示するファイルを指定するのが普通です。よって「index.html」に含まれるキーワーは<TITLE>や<META>タグ内にある文字だけになってしまいます。これではトップページが検索エンジンにヒットする確率が極めて低くなってしまい、非常に不利になってしまいます。

もちろん、「index.html」以外のページが検索結果にヒットする場合もあります。しかし、この場合はフレーム内のページへ直接アクセスされるため、左側にメニューが表示されない。つまり、訪問者はサイト内の別コンテンツへ移動できなくなってしまうのです。これはアフィリエイトを行う上で大きなデメリットです。

■デメリットの多いフレーム
各ページに移動用のメニューを作成しておけば解決できる問題なのだが、これではフレームを利用する意味がなくなってしまいます。結局のところ、検索エンジン対策という問題において、フレームの利用はデメリットが多く、あまりおすすめできません。




■TOPページと同じレイアウト 

■全ページを同じレイアウト
フレームを使用できないからといって、「戻る」ボタンを多様しなければならないサイト構成は考え物です。いつでも好きな時に別のコンテンツへ移動できるように、前ページにメニューを配置しておくことが大切です。基本的には、「全ページを同じレイアウトで作成する」と考えるのが最も理想的といえます。

■なぜ同じレイアウト?
訪問者は必ずしも「index.html」を基点にサイトを観覧してくれるとは限らない。特に検索エンジン経由でアクセスしてきた訪問者は、「index.html」以外のページに着地することの方が多い。こういった傾向考えれば、サイト内の全ページをトップページと同じレイアウトで作成した方が有利になります。サイト全体でページのレイアウトを統一しておけば、訪問者が迷子になる可能性も少なくなりますし、メニューをクリックして他のコンテンツページに移動してくれる可能性も高くなります。

■ページの一番下にもメニュー
ここで最も重要となるのは、サイトを移動するためのメニュー(リンク)の位置や表示方法を固定することです。メニューの位置は、ページの上または左のどちらでも構いません。また、各ページの一番下にもメニューを用意しておくといいと思います。というのも、訪問者の多くはページを一番下までスクロールさせた時点で別のページに移動することが多いからです。このときウィンドウに内にメニューが表示されていないと、他のページに逃げてしまう可能性があるからです。テキストリンクで簡単なメニューを作成するか、ページのトップへ移動するためのリンクを用意しておく、などの工夫が大切です。

■大切なのは操作性
ページ全体のレイアウトを決定する際は、デザインよりも操作性を重視しましょう。操作性を損なうようなレイアウトでページを構成しないように注意する必要があります。




■インラインフレームの利用 

■インラインフレームを活用しよう
インラインフレームを上手に活用するとサイトの更新が非常に楽になります。メニュー変更をはじめ、特定ページのバナー広告を一括に変更するなど、その応用範囲は非常に広いです。少し高度なTHMLの知識が必要となりますが、それだけ利用価値も高く、SEO対策の妨げになることもありません。

■インラインフレームの必要性
前回解説したように、「フレームは使用しない」、「TOPページと同じレイアウト」が基本です。しかし、このようなレイアウトには欠点もあります。それは、メニューの変更に非常に手間がかかることです。例えば、全部で100ページあるサイトを運営しているとします。そして、新しく「管理人レポート」というコンテンツをメニューに追加したいとします。この場合すべてのページに「管理人レポート」のメニューを追加しなければなりません。つまり、これまで作成した100ページのTHMLを変更する必要があります。これではページ数が増えれば増えるほどメニューの変更が大仕事となってしまいます。

■インラインフレームとは?
ページが増えてメニューの変更が大変な場合に活用できるのが、インラインフレームです。具体的には、全ページの決まった位置に中窓(インラインフレーム)を設け、そこにメニューだけを記した「menu.html」を表示させる方法です。この方法を採用すれば、「menu.html」を書き換えるだけで全ページのメニューを変更できるようになります。

■インラインフレームの応用
インラインフレームは、バナー広告の表示にも応用できます。アフィリエイトサイトでは、すでに完成しているページであっても、「バナー広告だけを変更したい」と思う場合がよくある。このような場合にインラインフレームでバナーを表示しておけば、フレーム内のTHMLを書き換えるだけで全ページのバナーを一度に変更できます。バナー表示用のTHMLを何パターンか用意しておけば、カデゴリ別にバナー広告を分けることも可能です。

■インラインフレームの設置方法
前回説明したように、当サイトではTHMLなどの解説はしません。当さいとで下手な説明するより、他のサイトの方が分かりやすいからです。『Google』などの検索エンジンで「インラインフレーム」 「インラインフレームとは?」などをキーワードに検索すれば、インラインフレームを解説しているサイトはいくらでも見つけれると思います。


                                 
 稼げるホームページの作り方
 ホームページを作る
 フリーメールをGET  HPスペースをGET  HP作成ソフトGET  ネットバンク開設
 準備するもの  HP作製手順  HPのレイアウト  HP名を決める
 見やすいHPにしよう  読みやすいHP  HPの作り方を学ぶ
 アフィリエイト基本
 アフィリエイトの基本  本当にリスクゼロ?  アフィリエイトに登録  審査レベル
 登録のタイミング  ASPにはすべて登録  承認されなくても・・・
 ホームページ作製テクニック
 独自URLの取得  URLの決定は慎重に  フレームは使用しない  TOPと同じレイアウト
 インラインフレーム
 SEO対策&アクセスアップ
 アクセス数の大切さ  検索エンジンに登録  リンクの大切さ  リンク依頼方法
 リンクフリー  自動リンクへの登録  掲示板の利用  ページランクを上げる
 リピーターの獲得  お気に入りボタン作製
 分析と管理
 アクセス分析  ページランクのチェック  広告管理表の作成  成功への道

                                                       ▲ページのTOPへ
Copyright © ネットで金儲け. All Rights Reserved. Template by Netmania
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー